マイホームを建てる時のQ&A

195d876746247be1859ca5481aca8d772

「マイホームが欲しい。でも建てる家は、できるだけ後悔したくない!」

ホントそうだと思います。
建て売りではなく注文で建てたいという夢はあるけど、知識もないためどういう所に気を付けたらよいか全然わからない・・・。そんな あなたのためのページです。

家を建てる時に、ちょっとはお役に立つかもしれないQ&Aです。

新たに土地を探すときには、交通の利便性、生活の利便性、周辺の将来性、教育環境、行政サービスなどを調べる必要があります。都市計画区域では用途地域が定められていて、地域ごとの建物の用途や規模などの規制がある。
子どもは床でもベッドの上でも気にせず活動します。そんな子ども部屋の照明計画は部屋全体に均一な光が届くようにすることが大前提。それには影ができにくく均一な光が得られる蛍光灯がおすすめです。
屋上を庭がわりに使用するケースが増えているようです。屋上ならではのプライベートな空間で、プール遊びや家庭菜園、バーベキューなどを楽しむのもよいかもしれませんね。
涼しい家にするために、いくつか方法がありますが、その中のひとつにアルミを使った遮熱シートの利用があります。車の日除けや保冷用のバッグなどに使われているので見かけることも多いかと思います。
平屋は階段の上り下りがなく、天井も高くとれ、開放感のある空間で過ごせるのが魅力ではないでしょうか。
シンクや加熱機器などが組み込まれたフロアキャビネットを、島(アイランド)のように壁面から離して独立させたアイランドキッチン。開放感があり広々とした空間で、とても人気がありますが…。
掃除や洗濯、食事の用意など、誰の目にもわかりやすいことの他にも「脱いだ服をクローゼットに入れる」「汚れたタオルを取り換える」など、家事には細かい仕事がたくさんあります。
最近のお客様へのおもてなしは、客間・リビング・応接室などではなくダイニングキッチンで行われる傾向が強くなってきたようです。
家のコンセントで失敗…。「コンセントが足りなかった」「家具に隠れてしまって使いにくい」などという声をよく聞きます。そんなことにならないよう、きちんとしたプランニングが必要です。
本来「パッシブ」とは受け身の状態であるという意味ですが、家づくりにおいての「パッシブデザイン」とは太陽の光や風といった、誰にでも等しく与えられる自然の恵みを家の快適さに活用する手法のこと
最近和室の良さが改めて認知され、家づくりのプランに取り入れることが多くなってきたようです。まずは、和室の畳や障子、襖のテイストを活かして、全体をアースカラーで統一することをおすすめします。
コストダウンのテクニックとしては、例えば、できるかぎり間仕切りを減らしてオープンな間取りにすると、壁やドアの材料費などが減ります。
建て替え工事の段取りは、・ 仮住まい探し→・ 片づけ→・ 近隣挨拶→・ 仮住まいへ引っ越し→・ 既存建物の解体→・ 建物減失登記の手続き→・ 敷地の整地→・ 地盤調査(必要に応じて地盤改良)→…
子どもの場合、体内時計のリズムを整えることで心身共に健康になり、勉強やスポーツに集中できると言われています。まずは夜ぐっすり眠ること。蒸し暑い部屋は寝苦しいので睡眠不足になりがちです。
まず、前面道路との位置関係や道路の幅、出入りのしやすさや安全性などを考慮し、敷地のどこにスペースを作るかを検討しましょう。同時に、車の台数、車高や幅、長さ、ドアの開閉スペースなども
狭小地だとしても、広々とした空間を確保するにはいくつか方法があります。例えば用途が異なる複数の空間を兼ねること。壁を取り払って階段をリビングの一角に取り込んでしまえば、視覚的にもぐんと広がり
部屋を広く見せるには背の低い家具を選ぶのがポイントです。天井までの空間が大きくなり、広く感じます。だからと言って、小ぶりの家具ばかりセットで揃えてしまうと、チマチマした印象になってしまいます。
地盤に加わる重さに対して、支えることができる地盤の耐力のことを地耐力といいますが、地盤の強度を判断する際、この数字が基礎の形状を安定させる重要な判断材料となるのです。
さまざまな作業を行うキッチンでは、デザイン性だけでなく機能性も十分に配慮したいもの。水がはねたり、油や調味料などが飛んだりするので、水や油に強いことはもちろん、汚れにくく掃除が楽な素材を選ぶ
「HEMS」「ZEH」「BELS」・・・最近目にする文字です。これは一体なんのことですか?
scroll-to-top