マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

最近の夏の暑さは異常だな…と、毎年感じています。まずは、夏。この時期、断熱性が劣る住まいで暮らしている方は、毎日大変だったことと思います。現在、住宅リフォームの中で、特に注目されているのが省エネリフォームです。
肌の表面は何ともないのに、肌の内側はカラカラに乾いていることがあります。この状態をインナードライと言います。この状態が続くと、しわやシミの危険が増えます。これらの対策にムク材が役立つことを知っていますか?
家の資金計画を立てるとき、「まずは、現在のお金の流れを把握するため家計簿をつけましょう」と言われます。張り切って家計簿を記入するものの、「やっぱり今回も続かなかった・・・」
達者な営業トーク(主に口先だけ?)で契約を得ようとする業者は、打ち合わせ内容を書面に残すことを嫌うと聞いたことがあります。ひょっとしたら、『少しでも早い段階でお金を得たい』と思っているかもしれません。
どんな家づくりをしても、捉え方によっては短所だと感じる部分があります。例えば、高気密高断熱を追求した家は、部屋毎の温度の違いが少ないので、ヒートショックなどの健康被害が起こりにくくていいですよね。
今回は、シックハウス対策についてお話しします。シックハウス症候群とは、新築やリフォームをした住居が原因で、住人の体調が悪くなることです。具体的な症状として、のどの痛み、めまいや吐き気、頭痛などで、人によって異なります。
住宅ローンの返済負担率って?家電や車をローンで買う時、何を目安に返済額を決めますか?「毎月自由になるお金が○万円あるから、その中から△万円を返済に充てよう」という感じでしょうか?
最近は、スーパーでも産直のものを取り扱っていますね。商品に生産者の顔や名前が記載されているので、そうでない商品より安心します。これを住宅業界に置き換えても同じことが言えます。
家づくの「諸経費?」、「諸費用?」、何のこと???実は、こんなにあります!!!・ 税金・ ローン関係費用・ 地震保険料、火災保険料など・ 各種手数料・ 引っ越し関係
業者とのトラブルで多いのが「私は確かに伝えたのに、業者が『そんなことは聞いていません』と言う」というもののようです。一番の解決法は、『言った言わない』をなくすために、きちんと…
「ハウスメーカーと契約しても、実際に施工するのは下請けの工務店なんでしょう?それなら、その工務店に直接依頼したらハウスメーカーと同じような家が割安でできるんじゃないの?」と、当社のスタッフが知人に言われたことがあるそうです。
最近の折り込みチラシや業者のホームページを見ると、「自己資金がなくても新築できます」といったフレーズを見かけます。アパート代を払いながら頭金を貯めるのは、とても大変な作業です。
もし、あなたが、自分の考えを相手に正しく伝えたいと思っている場合、相手に間接的に伝えるのではなく、直接伝えたいと思いませんか?直接伝えたら、相手の反応がわかります。
ここ数年新築した人の6割以上は、自宅の断熱水準がよくわからないと聞いたことがあります。あなたが断熱性を追求しようと一生懸命に勉強をしているのなら、驚いたことかもしれませんね。断熱性能を表す数値に
家づくりの動機の一つとして挙げられるのが、『ご近所の騒音問題から解放されたい』というもの。ところが、アパートから一戸建てに引っ越したことがきっかけで騒音問題で苦しむこともあります。
家づくりを始めた時、人は今までの住まいでの経験をベースに考えがちです。そして、よりよいプランになるよう試行錯誤して、「これがわが家のベストだ」という状態にまで仕上げます。確かに、その時点ではベストかもしれませんが…。
断熱性・耐震性・省エネ・創エネ・・・。求められるレベルは、どんどん高くなっています。ただ、私たちは機能性だけで選ぶことはできません。それは、家づくりにはもっと大切なものがあるからです。
教育費は、各家庭によって大きく異なります。私立か公立か、自宅通学か下宿か、といったことで、必要になる費用が変わってくるからです。ちなみに、幼稚園から高校まで全て公立に通ったとしても500万円程度必要になります。
「営業マンの人柄を気に入ったので契約しました」という人は、毎年とても多いそうです。・信頼できる・親身になって相談に乗ってくれるというのは、初めて家づくりをする人には心強いことですが…!
新居での暮らしが始まると、最初に驚くのが水道光熱費の変化です。家族が別々の部屋で過ごす時間が長いと、その分電気代が一気に増えます。大きな浴槽にたっぷりのお湯を入れ、まったりと過ごす時間が…
scroll-to-top