マイホームを建てる時のQ&A

195d876746247be1859ca5481aca8d772

「マイホームが欲しい。でも建てる家は、できるだけ後悔したくない!」

ホントそうだと思います。
建て売りではなく注文で建てたいという夢はあるけど、知識もないためどういう所に気を付けたらよいか全然わからない・・・。そんな あなたのためのページです。

家を建てる時に、ちょっとはお役に立つかもしれないQ&Aです。

今ある窓の上部(欄間・らんま)に「欄間サッシ」を取り付けるといいでしょう。さらに、壁紙や床の色を白っぽいものにすると、光の反射で明るさが増します
「今回はキッチンを」というふうに一か所に絞ると、同じ費用でより高品質の建材を使えるので、満足いく仕上がりが期待できそうです。リフォームのターゲットはピンポイントに絞って、しっかり手を入れる方がいいのではないでしょうか。
漏水対策や防水、バスタブにお湯を張ったときの重さなどを考えると、システムバスを選んだ方がより安心なようです。またシャワーの水圧を保つために、大きめの給湯器を設置する必要があるでしょう。
「省エネ改修」「バリアフリー改修」「住宅耐震改修」など、固定資産税が軽減されるリフォーム工事がいくつかあります。施工業者か税務署に問い合わせると、詳しいことがわかりますよ。
天然木だと、変色やひび割れ、シロアリの害などの心配がありますね。木粉と樹脂を混ぜて作った「人工木(木粉50%以上)」や「木粉入り樹脂(木粉50%未満)」なら、そのような心配はありません。
100%天然成分のワックスとして、エコロジーやシックハウスへの意識が高い人たちの注目を浴びています。溶剤や金属などを含まないので、健康被害を起こす心配は低いでしょう。
多くの地方自治体が、倒壊の危険がある塀を取り壊すための費用を助成しています。また、新しく作る塀を生垣にすると、緑化を進めるための助成を受けられる場合があります。
この塗料は光が当たると化学反応が起こり、汚れを分解して雨と一緒に流してしまう、セルフクリーニング効果があります。また抗菌・空気清浄・防臭・耐久性に優れています。
家具の置き場所を考えて設計するのをお忘れなく。また、窓の数だけカーテンが必要になりますが、これは思いのほか値が張ります。カーテンの予算を立てておいたほうがいいでしょう。
それぞれ金額や、耐用年数が違います。何年おきに屋根の点検をするかなど、長い目で見ながら、設計者と一緒に我が家にピッタリな屋根材を選びましょう。
天然素材から作られた環境に優しい壁紙を、エコクロス(エコロジー壁紙)といいます。中でも食品のラッピング材と同じ素材のオレフィン壁紙は、防汚加工・撥水加工などができて使いやすいようです。
しなければたたりがあるというものではありません。しかし、日本の良き伝統として、またマイホームを建てるという家族の一大イベントの記念として行うことは、決して悪いことではありません。
「グルニエ」や、床下収納をうまく利用しましょう。家作りの最初の段階で、屋根裏や床下を収納に使うつもりだと伝えて、それに見合った設計をしてもらいましょう。
家を作るとき、天井や壁の内側に必ず断熱材を使います。じつは、その断熱材が同時に遮音・防音効果を発揮します。またペアガラスのサッシ窓も、断熱・防音ともに高い威力を発揮します。
熱効率がよく、冷暖房費を節約できる「高気密・高断熱」の家は、視点を変えると自然換気がされにくいといえるでしょう。そのため、設計段階できちんと換気システムを計算に入れて作られます。
工事チェックのタイミングは、家づくり関連の本やインターネットの検索で調べられます。工事チェックで大事なのは隠れてしまう箇所をよく見ることです。
一戸建て住宅の場合、一般的には1階にLDKなど家族全員のための空間を、2階に個室を配置します。これを逆にして、1階に個室、2階に家族の共有空間を配置したプランが「逆転プラン」です。
カーポートは1台用から複数台用まであり増設も可能ですが、スペースに余裕があれば将来的な状況をある程度予測して選ぶことをおすすめします。
木の壁には光を乱反射させ、和らげる働きがあります。人間の目には反射率50?60%が心地良いと言われていますが、木の反射率がまさにそれです。
長持ちさせる秘訣の一つが「床下換気」です。床下の湿度を上げないこと。家にとって足もとは重要です。家を建てるときは、ぜひ「床下換気」について業者にご相談ください。
scroll-to-top