一戸建て注文住宅の間取りを考える時に

96e0e90bf630fbd8516026f453c3391f

住宅間取りを考える時に参考になりそうな内容をイラスト付きでご紹介

間取りを考えるだけで…、すっごくワクワクしてきませんか?

でも専門家の意見をしっかり聞かず、自分の考えだけだと「ああ…しまった!」と後悔する時あるかもしれませんよね。だから、いっぱい参考にしてくださいね。
9917246845cf81030cc7cd634a61a888
古民家をうまくリノベーションして住むという方法が、近年人気。歴史を経て美しく頑強になった梁や柱を続けて活用することは、自然保護、環境保全に貢献することでもあり、その多くが自然から生まれた建築素材で作られている
961bd7af0201acd3fba8e6a8c6153b51
サイディングとは板状の外装建材のことで、材質によって窯業系、金属系、木質系、樹脂系など。例えば金属サイディングは、金属板を成型、表面や接続部の加工を施し、裏面材や芯材で構成されたもの
7599c51b0553745af0d0bdbde774a697
デザイン的におしゃれなキッチン家電であれば、あえて見えるところに置きたいかもしれませんが、多くの場合はリビングなどくつろぎの場からはなるべく見えないようにしたいかもしれませんね。
2757e523cfbc0a99b4275aaccc92bb78
高齢者の生活には通常の2~3倍の明るさが必要と言われることがありますが、これは「何か作業をする場所では」という意味で、全体の照明をそこまで明るくする必要はありません。
62e2444824e5146de4e7296cc92a038c
靴をしまうためのシューズクローク。面積をゆったり取れば玄関に出しっ放しになりがちなバッグやコート、傘、ベビーカー、ゴルフ道具、アウトドア用品なども収まり、玄関がスッキリすると人気があります。
2e519da2bd8370dea51ba7c9a4674590
衣服、おもちゃに勉強道具・・・とバリエーションの多い子どもの荷物。できれば子どもが「片づけは簡単で楽しい」「片付くと気持ち良い」という認識を持って、自ら片づけられる収納を設えていきたいもの。
71ae42494555a0b73f99cc06a6263207
ガラスブロックは、光を通しながらも遮音や断熱に優れているという特徴を持っています。視線と音はさえぎりたいけれど光は取り入れたい寝室、廊下や階段の間仕切り壁などにおすすめです。
ebd313b9db2cfc393126f83d07e10131
そろそろ家を建てようとなった時、工務店などに依頼する前に家族全員で考えておきたいことがあります。すでに土地を手に入れているなら、敷地全体に対しどれだけの割合を家に使えるかをイメージします。
8d4f53df3accde283cbf69e911251a63
アクセントクロスとは、部屋の壁紙を部分的に変えてアクセントをつけるテクニックです。使い方次第では、ぼんやりとした部屋を個性的でお洒落な空間にできると人気が高まっています。
65df930d6392af67a65d3366a1f676c3
できるだけコストを抑えて良い住宅を建てたいと、多くの施主が思うことでしょう。しかし住宅にも適正な価格が存在します。過剰な装飾や無駄な工程を省くことは大切ですが、コスト削減だけを目的と…
b61fae94bec8b533ebcc76b697feb502
質の良い睡眠とは、眠り始めてから1~2回目のノンレム睡眠時に最も深く眠り、その後何度かのレム睡眠を経て目覚めることができた状態。
eb98264f877b59ab6e81c3958999974b
仕事がフリーランスであったり、在宅勤務での採用であるなど、自宅で仕事をする人が増えてきたようです。働き方が変われば当然ライフスタイルも変わり、家族と過ごす時間、子育て、介護に関わる時間も増える。
6314a392f1f2baf506e5e3a753e0eee8
「南道路のいい物件です!」と勧められたけれど、人によっては「外からの視線が気になってカーテンを閉めっ放しの生活になってしまった!」となる場合があります。
c733d364b54662de59a527a31ca591f1
寒いのはとにかく苦手!という場合、計画の段階で寒さ対策に気を配るのが大切です。室内の温暖差が少なくなる工夫をしましょう。
b5e95b0d80192f2b3cf79521b7752778
和風洋風どんな空間にも馴染みやすく、あたたかみを感じるのが大きな特徴の木製サッシ。断熱性能が高く、熱をほとんど伝えない木製枠部分に結露が起きにくいのは最大のメリット。
f5c88a404bbd677cb6197f97e081e0a3
外部から見てもおしゃれなトップライトですが、家の内側から見ると青空や星空をインテリアとして取り込むことができ、お天気の変化にも気づきやすく自然と寄り添う暮らしが可能となります。
ca9237890832b5c7b541be9852004fdd
最近のトイレ空間は、タンクレストイレと個性的なトイレ手洗器を組み合わせるという、デザイン性と余裕ある空間の両方を兼ね備えたものに人気が高まっているようです。
a182f2a94c7ce1db755a91cae2c75a14
日本は、いつ、どこで大地震が起きてもおかしくない国です。災害時には家族を守るシェルターとしての役割もある家。プランニングの段階でできる「もしもの備え」を考えてみましょう。
62ecc7ff1249f5afab3caddeb82285e3
断熱材の使用や空調設備の充実など、暑さ対策はいろいろありますが、地球に、健康に、家計にも優しい方法としてすだれ(簾)とよしず(葦簀)の利用もおすすめです。
daa932807627a79830e73a7a40596970
複合フローリングとは、基材の表面に化粧材を張り合わせたもの。最近は、化粧シートタイプの素材感や色合いのバリエーションが豊富。その技術は驚くほど進化しています。
535a6d576a4eda26daea9725472a6894
キッチンを検討する際、案外忘れがちなのがゴミ箱の置き場。ゴミ箱を置くスペースは予想以上に場所を取ってしまう。では、どのようにすれば良いのでしょうか?
8893ec903b03b11f2ccba9bb0b92a92e
新築時に家族が顔を合わせる機会を増やす間取りを考える。階段をリビング、トイレを あえて1階だけ、子供部屋の外に収納スペースなどを考えてみる。
939ef74a5197a90f1d6a9832a373230b
内壁材は、デザイン性はもちろん空間の使い方や暮らしに適したものを選ぶ。腰壁やアクセントとして部分的に用いるなら木質系もおすすめ
d522adb77a858ab4ddde8b7d05d849e9
ビルトインガレージとは、建物内部に駐車スペースを確保したもの。メリットとしては、車を風雨から守れるということが一番。車へのいたずらなどトラブルに巻き込まれにくいという点もあります。
3cfcf07d713914bbc1fa5819138db94b
上棟式とは施主が職人さん達の労をねぎらう行事。上棟式は施主にとっても職人さんにとってもお互いの人柄を知る良い機会。家づくりを通じて、人と人のつながり、心の豊かさを育くむチャンス。
e0dc64dc206233ed805feabadcc6e6e2
新築時に犬と同居なら、耐えられる床材を選ぶ。新築時に犬と暮らすための床材がいろいろ発売されている。犬の股関節にも影響あり、選ぶ際は、すべり具合などもをよくチェックしましょう。
fc12ce85ce6657212c92b80c6c771c8a
自分がどのくらいの量の服を持っているか、把握していない人は案外多いものです。家のプランニングの際には、持っている服の量を改めて見直してみましょう。
03083aeabeb07b043c075450c228c0fd
自然の風を感じられる家は気持ちの良いものですが、窓を大きくしたからといって風通しの良い家ができるというわけではないようです。窓から風が入るためには3つの条件が必要です。一つ目は・・・
9a344ced271a71f00880162565d30454
不在時間が比較的多く、宅配の受け取りがままならない家庭は少なくないでしょう。そんな時便利なのが宅配ボックス。集合住宅にあるイメージが強いのですが、近頃では戸建て住宅に設置するタイプが普及してきました。
e31491128885bfb2e46ce80314541845
パントリーには、壁面を利用して収納するタイプと、ウォークインクローゼットのような小部屋を確保するタイプがあります。プランニングでは、調理中でも必要なものをすぐに取り出せる場所に設置することが重要です。
scroll-to-top