マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

国内で飼育されている1千万頭以上の犬が、咬傷事故を起こすのは年間約4千件。全体からみればわずかな値に見えますが、いつ当事者になるか分かりません。もし近所の人が咬まれてしまったら、飼い主に何の過失が無いケースでも、それ以降の近所づきあいが難しくなる場合があるそうです。
カギを握るのは先輩スタッフ。もし意識が低いスタッフが新人を育てると、家づくりの喜びも、苦労する必要性も、団結する意味も、何一つ分からないまま退職させてしまうことがあるかもしれません。
今回は、住宅の侵入窃盗の発生状況についてお話しします。警視庁によると、平成24年の東京都内における空き巣(家人が留守の時に侵入)の件数は3,473件。忍び込み(家人が寝ている時に侵入)は764件。居空き(家人が起きている時に侵入)は283件となっています。次に、その発生場所については?
一戸建てに住んでいると、屋根や壁のリフォーム、シロアリなどの床下対策、外構工事の提案・太陽光発電など、高額な訪問営業が増えてきます。 言葉巧みに話されるので、その場で契約をして、後でトラブルになる方も多いものです。そうならないために、時々チェックしてほしいものがあります。 それは・・・。
一戸建てで暮らしている人に対する調査によると、「わが家を十分に活用できていない」と感じる人が多いそうです。その方達がそのように感じ始めた一番のきっかけは『子どもの独立』だそうです。どんな空間を『子ども部屋』として子どもにあてがうか、親によっていろんな考え方があります。家から、子どもが巣立ったあと、その部屋を活用できなくなる可能性が高くなる。
今回は、住宅の防犯対策についてお話しします。あなたは、『忍び込み』とか『居空き』という言葉を聞いたことはありますか?どちらも空き巣の一種なのですが、その意味は全く違います。どのように違うかと申しますと・・・。
犬は、日本国内だけで1,000万頭以上飼育されているという話を聞いたことがあります。 そして、その8割以上が室内で過ごしているとのこと。「賃貸では好きなペットを飼えないから」という理由で新築を決意する人も多いそうです。ところで、住宅の室内で飼育されている犬にとって、一番の問題点は・・・。
もしあなたが、「どこにどんな工務店があるのかわからない。でも、コツコツ探すのは大変だから、チラシやネットでチェックできるところから選べばいいや」と思って施工業者を選ぶのなら、それは、自分にピッタリな業者と出会うチャンスを、かなり小さくしてしまうかもしれません。これは、もったいないですね。
最近、ウッドデッキをよく目にするようになりました。聞く所によると、ウッドデッキの出荷量は毎年増える一方。エクステリアの中でも、オーニングとウッドデッキの人気は際立っているようです。 もしかすると、あなたも「新築したらウッドデッキを・・・」と考えたことがあるかもしれませんね。ところで、ウッドデッキづくりで失敗する一番の理由は何だと思いますか?
実際に建てた人に尋ねると、「滅多に来客がないのに客間をつくったら、他の部屋が狭くなってしまった」、「正味10年ほどしか使わない子供部屋を最優先にしてしまった」、「家族の数だけ個室をつくったら、どれも狭い空間で解放感がない」という後悔の声が・・・。
新築した家を業者が施主に引き渡す前や、リフォームの作業が終了した時、業者はあなたに最終チェックを依頼します。 ・・・といっても、専門業者を前にして、素人の施主がチェックするなんて緊張しますよね。何をどうチェックすればいいのか分からなくなりそうです。この時、自分だけでチェックするのが不安なら・・・。
例えば、いろんな工務店をチェックしてみると ・ 狭い土地にしか建てない ・ 木造住宅しか建てない ・ 自然素材しか使わない ・ 家も庭も任せてもらえないならお断り といった具合に、自社の特徴を紹介しています。これだけはっきりとしていると、こちらとしても選びやすいですよね。あなたが気になる業者は、どんなこだわりを持っていますか?
今回は耐震についての概略をお話しします。最近は、耐震性が高い家づくりが当たり前の時代です。 しかし、施工不良や地盤の強さによっては、業者に説明を受けた内容通りにはならない場合もあります。 過信せず、注意を怠らないようにしたいものですね。
どうやら、業者の中には、さまざまな優遇措置を活用しきれないところがあるようです。それが原因で、施主とトラブルになることもあるとか。 逆に、補助金を活用することで、よりよい家づくりを提案して喜ばれている業者もいます。家づくりに関わる申請は、何かと複雑です。しっかりと勉強した業者にお任せしたいものですね。
家は、完成した時から毎日少しずつ老朽化しています。それはどうしようもないことです。 しかし、その変化を早い段階で発見して素早く手当てをすれば、老朽化のスピードは弱まります。 それがメンテナンスの意義だと思います。
初めて家づくりをする時は、 新居が完成した時点を『ゴール』だと思いがちです。それは、初めて結婚する人や、初めて出産する人と同じ感覚なのかもしれません。 ところが、今までゴールラインだと思っていたのは、実はスタートライン。 本当の暮らしが、やっと始まるのです。 新居で暮らすようになると、『家を守る』という仕事が始まります。
このまま温暖化が進むと、ゲリラ豪雨が降る地域も拡大しそうですね。 さて、その九州出身の人の実家は、全ての窓に雨戸がついているそうです。同じ時期に建てられた近所の家々も同じだそうです。 その雨戸は、頻繁にやってくる台風から家を守るためのものです。 雨戸のおかげで、何度も被害を防ぐことができたそうです。
「家が欲しい!」 と思い立った時、人はまず最初に情報収集をします。そのためにネットで検索したり、折り込みチラシを見たり、知人からクチコミを集めたり。いきなり住宅展示場に行く人もいるでしょう。 セミナーなどで、専門家の考えをじっくり学ぶ人もいるかもしれません。そして、ある程度『今どきの家づくり』を学んだら・・・、相談相手が大切です。
しかし、最近の家は個室化が進んでいるので、「同じ家」に住んでいても、「同じ空間」で過ごす時間が減っています。 その結果、「家族」が「同居人」になっている傾向があります。家で自分だけの空間で、自分本位の過ごし方をしていたらどんなことがおこる?
建築家選びの最低条件は、「あなたの話をよく聞いてくれること」だと思います。建築家の中には、あなたと家族に合った家をつくる人もいれば、自分のこだわりをあなたに理解してもらいたい人もいます。 あなたと家族に合わせた家づくりをしたい建築家は・・・。
scroll-to-top