マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

なぜ家計簿をつけるのか?それはこんなことに効果があるからです。 ■ 食費を減らすには? ■ 通信費を減らすには? ■ クレジットカードは最低限に? 家計簿をつける目的は、お金の動きを知るためです。長く続けることで、それぞれの出費の目安がわかります。
「どうしても新しい家が欲しい!」とあなたが思ってから、今までどんな人に相談しましたか?両親、友達、工務店、ハウスメーカー、設計事務所、ネットの知恵袋、SNS・・・。 相談相手は、探せば探すほど、いくらでも見つかりますね。ただ残念なことに、あなたは相談相手を間違っている場合もあるかもしれません。
「一日も早く自分の家が欲しい」、「今の家賃と同じ位のローンなら無理なく払える」 と住宅ローンを組んだ結果、支払いが苦しくなる人がいます。最近の自己破産の約2割は、住宅ローンがきっかけだそうです。 ということで、今回は資金計画の最初にすることをお話しします。
先日、知人が膝を傷めた時、自分の家がバリアフリーではないことに気付いたそうです。といっても、知人の家は一戸建てのバリアフリー。段差があるのは階段くらいです。あとは浴槽。 しかし、高低差のない浴槽なんてありえませんよね。それに、2か所に手すりがついているので、それほど支障はなかったそうです。 ・・・では、彼女はなぜそう思ったんでしょう?
利便性はわかりやすい。土地選びをする時、近くに病院やお店があるかどうかは、結構大切な要素ですよね。人によっては、学校やバス停、駅なども気になることでしょう。 それらの条件に合うかどうかは、とても簡単に確認することができます。きっと、その内容だけで土地選びをする人もいることでしょう。 でも あなたが、家に癒しを求めるなら、土地にも利便性以外の条件を求めたいですよね。
新築をする時、親から借り入れをする方がいます。あなたも、ご両親に相談しようと思っていますか?金融機関で住宅ローンを借りると、固定金利にしても変動金利にしても、返済が終わるまでは、「もし払えなくなったらどうしよう」という不安がつきまとうものです。しかし親からの借り入れだと、そういう不安を感じずにすみます。精神的に、とてもラクになります。でも、借りる相手が親だからこそ気をつけないといけないことも。
あなたは、 『もともとハウスダストアレルギーだった人が、新居に住み始めてから症状がひどくなった』という事例を聞いたことはありませんか? それは、外部からの刺激に反応しやすい体質の人の場合、シックハウスの原因となる化学物質にも反応しやすいからかもしれません。
家族の始まりには夫婦の愛情があります。しかし、誰かが自我を通そうとする限り、いつまで経っても平行線のままです。『家族みんなが、今よりもっと幸せに暮らすには?』という視点を大切にすると、実りある話し合いができると思います。
経験による提案ができる担当者なら、あなたの家族の暮らしを想像して、もっと家事の負担が少ないアドバイスができたかもしれませんね。家事動線を短くするなど、家事の負担を軽くする方法を考えておきたいものですね。
自分が求める家づくりをしているのはどの業者なのか。それを調べると、あなたの興味を引く業者も絞られてきます。 業者選びの作業を苦痛に感じた時には、そこで暮らす長い年月のことを考えてみませんか?きっと、新たなパワーが湧いてきますよ。
もしあなたが『坪単価』に反応してしまう方なら、ぜひ『広告宣伝費』にも興味を持ってください。あなたが業者に見積もりつくってもらう時、その中に『広告宣伝費』という項目はありません。
ところで、こんなイベントが開催されるのはなぜでしょう。新しいモデルハウスを建てたいから?インパクトのある広告で集客したいから? そのほかにも理由があります。それは、今後売り込むために、家づくりに興味を持っている人のリストが欲しいからです。
そんなキャンペーンで損をする分を、他のお客さんから多めに利益を取っているかもしれません。あなたの見積書のどこかを多めにして、帳尻を合わせているかもしれません。高い建材で見積もりを出して、安い建材を使うかもしれません。
これから土地を探す予定なら、水はけや周囲の排水対策も確認してください。天気はどうすることもできませんが、事前の準備なら私たちにもできます。ちょっと大変かもしれませんが、チェックしておくと安心ですよ。
「より快適なキッチンを作ることが、家づくりの最大のこだわり」という女性は多いですね。こだわりを持ちたい場所の失敗は、精神的なダメージが大きいものです。目で調べるだけでなく、あなたの体の感覚も活用してくださいね。
あなたの家をつくる時、主人公は『業者』ではなく『あなた』です。あなたがイメージをしっかりと膨らませ、しっかりと業者に伝える。 その作業なしでは、家づくりは何も進まない気がします。
私が思うお茶の間は、家族が自然と集まる場所です。食事以外のシーンで家族が何となく集まって過ごせる部屋はありますか?皆が別々のことをしているのに、なぜかお互いの心がつながっている不思議な空間です。
せっかくですから、健康のために階段を役立てましょう。階段は、軽い運動をするのにぴったりです。軽い運動は、糖より脂肪を消費するので、ダイエットにおススメです。また、軽い運動は、脳の活性化やストレスの軽減にも役立ちます。
家づくりでは、わずか数ミリの狂いが、全体に大きな影響をもたらします。プレカットといえども完璧ではありません。その微妙なズレを調整をするには、それなりの腕が必要です。一級技能士と二級技能士では、仕上がりに差が出るのは当然です。
家づくりは楽しいことだと思います。ただ、その『楽しさ』は『不安』とセットになっています。その不安が決断を鈍らせてしまいます。あなたや家族の不安と十分に向き合って「それでも家を建てたい」と思えたなら、建て時がやってきたと捉えてもいいのでは?
scroll-to-top