マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

この建築業界でも、個人情報の管理の甘さが問題になることがあります。「第三者」という言葉がありますね。下請け業者が「第三者」に入るのか、彼らが雇う職人はどうなのか。 下請けの協力業者は?この捉え方は、各社それぞれです。今、現場を「リアルな展示場」として位置づけ、営業する会社が増えています。ですから、現場のあれこれを一般の人に知られる機会も多くなりました。
【高齢者を孤独にさせないためには?】 今回は、親との同居を意識した家づくりをするための注意点をいくつか紹介します。 あなたが親と同居しなくても、その家に子ども夫婦を呼び寄せて同居する場合にも役立つかもと思います。 では早速、高齢者の部屋をつくる時の一番大切なポイントについてお話します。
今回は建築家についてお話しします。建築家の主な仕事は、『設計』と『工事の監理』です。実際の工事は、あなたか建築家が依頼した工務店が請け負います。 建築家によっては、いつも同じ工務店に依頼する場合もあれば、設計に合わせて工務店を使い分ける場合もあります。 いずれにせよ、自分が直接施工することはありません。
今回は『クーリング・オフの内容証明』についてお話しします。クーリング・オフを適用する場合、定められた期日までに、業者やクレジット会社に書面を送らないといけません。 この時、ハガキだと相手に届いたことすら証明できません。書留や配達記録だと、相手に届いたことは証明できますが、中に書類が入っていたかどうか証明できません。 どちらの方法も、相手が誠実な業者でなければシラを切られて終わりです。
訪問販売員が、突然あなたの家を訪れて営業をし、その結果、リフォームや太陽光発電システムの設置契約などを交わした場合、クーリング・オフの対象になります。 でも、あなたが業者に電話して自宅に来てもらい、説明を受けてから契約を交わしたのなら、それは対象外になります。 なぜなら、クーリング・オフは業者の『不意打ち』から、あなたを守るための制度だからです。
調理家電は、次から次に便利なものが出てきます。 使う時は便利ですが、困るのがコンセントの位置や数と収納スペースの確保。新築すると、一般的に収納スペースが多くなるのですが・・・
今回は、『小まめな契約書』についてお話しします。リフォームと聞くと大がかりな印象がありますが、実際には小さな工事も多いものです。 ですから、口頭での依頼だけで済ませて、契約書を交わさないケースもあります。 しかし、その工事でトラブルが起きた場合、契約書が無ければ泣き寝入りするしかありません。
あなたにお子さんがいるのなら、間取りを考える時、当たり前のように「子供部屋」を設けようと思うことでしょう。 子供に専用の部屋を与えることは、今では『常識』といってもいいくらいですからね。しかし、私自身はその傾向とまったく逆のことを思うことがあります。極端な意見に感じられるかもしれませんが、「子供部屋はなくてもいいんじゃないか」ということです。
自宅の電球をお店に持っていき、売り場のLED電球と比べてみましょう。形や大きさの違いはどれくらいですか? カバー付きの照明の場合、今使っているものと同じくらいの大きさの電球でないと交換できません。 また、大きさは一緒でも口金のサイズが違うことがあります。
今回は、『ホームドクターの確保』についてお話しします。 施工を依頼した業者と信頼関係を築き、新築後の定期点検を任せている関係なら、何かあった時に心強いですね。 しかし、業者との関係が悪くなったり廃業などで関係を維持できなくなった場合、新たなホームドクターを探しておきたいものです。
忘れてはならないのが、プライバシーの問題です。 家族それぞれのプライバシーを尊重しつつ、お互い、気軽にコミュニケーションを図れるような、精神的バリアフリーの空間を設計すること。 間取りを考える場合には、プライバシーとコミュニケーション両者の観点からの考慮が必要です。
住宅悪徳業者に騙されないための注意点。家のメンテナンスに関わる悪徳業者は、本当に多いと言われています。彼らにはある特徴があります。それは・・・。
住宅ローン返済中の2つの注意点についてです。(1)「住宅ローン減税対象期間」について。(2)「返済が困難になった場合」について。家づくりの目的は、家族と今以上に幸せに暮らすためです。返済後の生活を想像しながら、無理のない家づくりを進めてください。
入学・就職・結婚・新築の共通点は何だと思いますか?突然ですが質問です。『入学』『就職』『結婚』『新築』に共通することは何でしょう?あなたは、どんな答えを思いつきましたか?答えは、『未経験者』が『ゴール』だと勘違いしやすい『スタートライン』と私は考えています。では、家の場合はどうでしょうか?
ハザードマップ(防災マップ)には、台風や大雨、津波などの災害が起きた時、被害が予想される場所や避難場所などが記載されています。その目的は、自分が住んでいる地域のどこに、どんな危険個所があるのかを把握して、危険を回避することです。万が一の際、家族がどの経路でどこに避難するのかを話し合うのにも役立ちます。
【住宅ローンの繰り上げ返済】についてです。今回は、住宅ローンの繰り上げ返済についてのお話。新居で生活しながら貯蓄をし、繰り上げ返済をする人は多いですね。繰り上げ返済では、最初にこんなことを知って頂ければと思います。
春から秋にかけて、窓を開ける機会は多いものです。風の通り道を考えて窓を配置したり、断熱性の高い窓を設置したりと、窓についての関心も高まっています。今回は、そのほかにも注意しておきたいことをお話します。それは、五感から考える窓づくりです。具体的には・・・。
ところで、あなたはどうして家を建てたいと思いましたか? 今は中古物件も多いですよね。リノベーションを扱う業者も増えたので、いくらでもあなた好みの家に生まれ変わらせることができます。 それに、建売住宅だってあります。一生賃貸物件で暮らすという選択肢だってあります。それでも新築したいのなら、その理由はなんでしょう?
調査によると、全体の約3割の人は、金利の特性やリスクを理解しきれていないそうです。目先の金利だけで判断するのは、非常に危険です。 お金の余裕は心の余裕につながります。十分に検討して、あなたに最も合ったものを選んでください。
『家づくりは、あなたと家族がより幸せに暮らすため』でしたね。これまで何度もお話ししていることなので、「また始まったぞ~」とニンマリしているあなたの顔が目に浮かぶようです。^^; でも、たまに、今もまだ『幸せになれない家づくり』をしている人がいると聞きます。ほとんどの人が初めての家づくりだから、仕方のないことかもしれませんね。 ところで、幸せになれない理由としてよく耳にするのが、こんなことです。
scroll-to-top