マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

あなたのお子さんも、新居での留守番を不安に感じることがあるかもしれません。その不安の原因を少しでも減らして、子どもだけでも安心して留守番できるような環境について、家族で話し合ってみるのも良いかと思います。
増築したり、壁を取り除いて部屋を広くするなど、構造躯体に手を加える場合、耐震性が低くなることがあります。実際に、東日本大震災のような大きな震災では、そのような家が倒壊しています。
屋上緑化は、ヒートアイランド現象の緩和など、環境貢献のために政府が推し進めていた取り組みです。この屋上緑化は、短所を考慮しても十分に取り組む価値があるとして、助成金を支給している自治体があります。
浄化槽を正しく使わなければ、その分だけ維持管理費が増えます。まずは、あなたの家の生活排水に関心を持つことから始めてみるのも良いかもしれませんね。
家づくりの業者もそうですが、太陽光発電の設置業者も「問題が起きた時に誠実に対応してくれるか」ということが、一番のポイントになります。だから、業者選びをする時は、金額より信頼性を重視してください。
人は、自分が不安に感じている部分を指摘されたら、つい反応してしまうものです。そんな時は、すぐに契約なんかしないでください。 あなたの家を建てた業者か、地元で長く営業している業者に、本当に補修する必要があるのかを、まず相談して下さい。
厳しい気候に接したからこそ鍛えられていた心身は、快適な環境の中で何を失っていくんでしょう。校長先生のおかげで、快適な家に住んでいるからこそ、もっと外の環境を意識しようと感じた一日でした。
毎日車に乗る人は、快適な駐車スペースがあったら、余計なストレスを感じなくていいのでラクですよね。でも、満足いく駐車スペースを作るには、とても早い段階から考えておかないといけないと思います。
新築やリフォームをする前には、施工業者と十分に話し合い、シックハウス対策が施された安全な材料を選んでください。シックハウスを避けるためには換気を十分にし、小まめに掃除をして、カビやダニを増やさないなど、その家での暮らし方も大切なポイントになります。
教育費など、出費が多い時期は、特に計画性が大切です。ですから、その期間を計画通りに乗り切るために、『10年』というのが程良い期間なのでしょう。
メリットだけでなく、デメリットも説明してもらえると、それを避けたいと思う人は避けられるようになります。プロである業者から、正確なメリットとデメリットを聞くことで、後悔のない家づくりをしたいものですね。
「ただの家づくり」が夢にならないようにして頂ければと思います。「家族とこんな暮らしをするための家づくり」ということを夢にしてほしいと思うのです。それは、家族がより幸せに暮らすために、とても大切なことだからです。
ダニ対策に欠かせないのが、換気と掃除です。起床後や掃除の際、できるだけ『窓を開けて』換気しましょう。冬がそこまで来ています。家族の健康を守るために、爽やかな秋の大掃除は大切だと思います。
結露ができやすい環境は、住まいにも体にも良くありません。結露が発生しやすい状況を知ることで、予防策を考えてみましょう。体と住まいを結露の害から守って、健康的に過ごしたいものですね。
冷え解消に役立つツボは、足首の内側にある『三陰交』という、内くるぶしから指4本分上にあり、押すと痛みを感じる場所とのこと。 断熱シートをキッチンマットの裏や、絨毯の裏などに敷くと、足元からジワジワと感じる冷えを和らげることができます。
新築は、あなたの暮らしに合わせて家づくりができる貴重なチャンスです。そのコツは、『その場所では、いつ、何を、どんなふうにして過ごすのか』というのを、できるだけ具体的にイメージすることです。
灯油は空気や直射日光の影響で、すぐに変質してしまいます。変質した灯油を使うと、不完全燃焼するので危険です。石油ストーブは、安全確認をしてから使いましょう。何が危険なのかを知っていることが大切です。
信頼できる業者を見分けるための5つ目のポイントは、「社長の人間性を知る」ということです。社長の人間性を知ることは、トラブルを未然に防ぐためにも、とても大切なことだと思います。
信頼できる業者を見分ける4つ目のポイントは、「設計事務所の代表者が、自宅の建築を依頼した業者を調べる」ということです。 プロが選んだ業者ですから、人間性も技術も8割方信頼できるのではないかと想像できます。
信頼できる業者を見分ける3つ目のポイントは、「現場で働いている職人さんに話しかけてみる」ということです。 「仕事抜きで新築(またはリフォーム)を依頼するとしたら、どの工務店に依頼しますか?」と質問してみてください。
scroll-to-top