マイホームを買う前の大切な知識

3acf8830f5979bae446016994d3a2885

一人でわからないことを抱え込んでいませんか?

家づくりで失敗しないために、「マイホームを買う前の大切な知識」を身につける

・ 見学会や展示場に行く前に、行っておく準備とは?
・ 資金計画、土地選び、業者選び、住まいづくりで一番大切なことはどれでしょう?
・ 実際に住んで幸せを感じる家、感じない家の違いとは?
・ 住まいづくりで損をしないために必要なお金に関する知識とは?
・ 休日をすべて使い、大変な労力を払って住まいづくりをしなくてよくなる方法とは?

そんな答えがコチラにあるかもしれません。

カテゴリ一覧 ― マイホームを買う前の大切な知識

f9a332438ed091766fa07c8ed27836cf

ca08a6d69d1dc3a2ff5c7eb3530c23b5

830b91869a49cd471f5f31b1f2b1a860

29e0959cb984eb5313ba9e937b4f7389

e7b27b51f8d49e4dda481431e0d9ba9a

マイホームを買う前の大切な知識の「今までの記事」は以下です。順次記事を追加しています。

現在、「マイホームを買う前の大切な知識」にある記事は350以上です。

数年前のできごとです。新築した県外の知人が外構業者を探していたのですが、気に入った業者が見つからず、困り果てていました。そんな時、知人は施工中の大工さんに、「あなたなら、どの業者に自宅の外構工事を依頼・・・
今回は、夜の防犯対策についてお話しします。浴室やトイレの窓を、換気のために夜間も開けていませんか?小さな窓でも侵入経路になるので、窓を閉めて換気扇を回した方が無難です。
あなたの住む地域に、年間10棟建てるA工務店と、年間50棟建てるB工務店があるとします。どちらに安心感を感じますか?数字だけ見ると、数が多いB工務店の方が経営が安定していそうですよね。
今回は、玄関の防犯対策についてお話しします。玄関ドアからの侵入方法は、ピッキング、サムターン回し、こじ破り、カギ穴壊しなどがあります。対策としては・・・
冷たくなるのは「もう用はない」と思っているからかもしれません。前に、営業マンについて少し触れたように思います。彼らについてもう少し知ってほしいので、今日は営業マンについて話します。営業マンとして働いている人は、新規のお客さんを見つけ出し、契約に結び付けるのが仕事です。
雨が多い日本では、施工中に1度も雨が降らないことは考えられません。ですから、業者によっては全体をシートで覆ったり、何らかの対策を講じているところがあります。しかし一方で、雨ざらしにした柱が十分に乾かないうちに・・・
防犯のための雨戸についてお話しします。一番のポイントは、雨戸の収納部分の屋外側が面材で覆われている「戸箱タイプ」にすることです。また、戸板の付き合わせ部分に外れ止めをつけたり、上と下を施錠できるようにするなどの工夫も有効です。
少し前に地元密着型の施工業者のメリットについてお話ししました。彼らの一番の魅力は、地元の人々から信頼を得ていることでした。また、近所なので交通費も抑えられるし、移動に時間と体力を使わない分、施工に集中できるのも魅力。さらに、広告宣伝費が少ないので、それをあなたへの請求額に上乗せされないというメリットもありました。そして、そのほかにもメリットが・・・。
今回は、面格子についてです。 トイレや洗面所など、出入りをしない部分の防犯対策として面格子を設置している家があります。 しかし、意外と簡単に外したり壊したりできるものなので、窓を開けっ放しにして外出するのは厳禁です。
最近、地元を車で走っていて感じるのが、新築が多く建っているなとういうことです。それぞれの現場をチラッと見てみたところ、大手の業者ではなく、地元の小さな工務店ばかり。親世代は、その地域のことをよく知っています。だから、業者選びをするとき・・・。
今回は、窓の防犯対策についてお話しします。基本は、『その場を離れる時は施錠すること』です。そして、施錠をするとき、クレセントを回すだけでなく、その近くについている補助錠をかけることです。サッシの下に補助錠がついている場合、それも活用しましょう。
今あなたはくつろいでいますか?くつろぐ時、あなたはソファーにゆったり座りますか?それとも、畳にゴローンと横になりますか?試しに、今度の週末、家族がくつろぐ様子を1日中観察してみてください。そうすると・・・。
今日は、侵入犯罪の手段や手口についてお話しします。 侵入口として最も狙われているのは窓で、全体の70.5%を占めます。 そして、恐ろしいのがその方法です。
先日、最近の子どものお小遣いの実態について、お聞きする機会がありました。 金融広報中央委員会が発表した「子どもの暮らしとお金に関する調査(第2回)」に、興味深い項目があります。
国内で飼育されている1千万頭以上の犬が、咬傷事故を起こすのは年間約4千件。全体からみればわずかな値に見えますが、いつ当事者になるか分かりません。もし近所の人が咬まれてしまったら、飼い主に何の過失が無いケースでも、それ以降の近所づきあいが難しくなる場合があるそうです。
カギを握るのは先輩スタッフ。もし意識が低いスタッフが新人を育てると、家づくりの喜びも、苦労する必要性も、団結する意味も、何一つ分からないまま退職させてしまうことがあるかもしれません。
今回は、住宅の侵入窃盗の発生状況についてお話しします。警視庁によると、平成24年の東京都内における空き巣(家人が留守の時に侵入)の件数は3,473件。忍び込み(家人が寝ている時に侵入)は764件。居空き(家人が起きている時に侵入)は283件となっています。次に、その発生場所については?
一戸建てに住んでいると、屋根や壁のリフォーム、シロアリなどの床下対策、外構工事の提案・太陽光発電など、高額な訪問営業が増えてきます。 言葉巧みに話されるので、その場で契約をして、後でトラブルになる方も多いものです。そうならないために、時々チェックしてほしいものがあります。 それは・・・。
一戸建てで暮らしている人に対する調査によると、「わが家を十分に活用できていない」と感じる人が多いそうです。その方達がそのように感じ始めた一番のきっかけは『子どもの独立』だそうです。どんな空間を『子ども部屋』として子どもにあてがうか、親によっていろんな考え方があります。家から、子どもが巣立ったあと、その部屋を活用できなくなる可能性が高くなる。
今回は、住宅の防犯対策についてお話しします。あなたは、『忍び込み』とか『居空き』という言葉を聞いたことはありますか?どちらも空き巣の一種なのですが、その意味は全く違います。どのように違うかと申しますと・・・。
scroll-to-top